器も食事もこだわりのデザイン

口コミ投稿者:nogさん(36歳)
お店の所在地:東京都渋谷区

渋谷のヒカリエ8階にあるd47食堂がお気に入りです。
このお店は世田谷の奥沢にあるd&departmentがプロデュースしているレストランで、同じ階にはロングライフデザインをテーマにしたショップやギャラリーを併設しています。

d&departmentは日本のロングライフデザインを発掘し、発信し続けることをミッションに、レストランの中では全国にあるこだわりの調味料や食材を販売しています。
メニューは各地で長い間根づいているようなものばかりで、器も地のもの、食材も地のものを徹底的にこだわって提供しています。
47都道府県の名前で定食を出しているのが特徴で、メニューブックの中には「なぜその定食なのか、なぜこの器なのか」といったストーリーも興味深く、つい読み込んでしまう内容で、本として出版していないのが残念なほどです。

なかでも私が大好きなのが長崎県の定食”あじフライ(1,520円)”です。
大振りで肉厚のアジがとてもおいしく、タルタルソースも絶品。付属の小鉢”ゆで干し大根の煮物の小鉢”や大きめのお椀のお味噌汁もとってもおいしいです。このアジ定食と一緒に飲み比べできる日本酒を昼間から頼むのが大好き!(小鉢の内容は月によって変わるかもしれません)
ゆっくりごはんをいただきながら友達との飲み比べもおすすめです。

渋谷の喧噪の中、店内はゆったりとした時間が流れているのがいつも不思議なお店です。
テーブルは大きめ、椅子も大きめでベビーカーを持っていっても椅子をどかせばそのまま置いても余裕のスペースなので店員さんに一声かけてお願いすることもできます。
また、いつも結構満席に近いのですが、周囲がうるさいと感じることは少なく、客層も落ち着いたご年配の方や打合せついでのビジネスマン、また上品な感じの女性同士のグループなどが多いかなと思います。

食事の後は販売スペースでいただいた定食に使っていた調味料などを購入できるのも魅力です。
今は子どもが小さいので昼間しか行ったことがないのですが、夜の雰囲気も味わってみたいです。